オーラのある人になるには

オーラのある人は羨望の的

ふっと、振り返ってしまうほど美のオーラを放つ人には、男女ともに憧れや羨望を持ちます。こうしたオーラのある人になるにはどういった方法をとることが必要なのでしょうか。美のオーラのある人になるポイントやオーラのある人の特徴をご紹介します。

美のオーラのある人の特徴3点

肌がきれい

オーラは体の内部から発される霊的エネルギーです。流れが良く、よどみのないオーラは、毛穴から出るという説もあります。つまりや、肌荒れ、乾燥が目立つ毛穴は肌を汚く見せてしまいます。美しくなりたい・美のオーラのある人になるには毛穴ケアも意識しましょう。

目に力がある

目は口程に物を言うという言葉があります。オーラのある人は目が違います。美人でも死んだ魚の目をしている人には近づきたくないですよね。しっかり目を開けて周囲の情報をつかみ取ろうとする意志が重要です。充血気味などは悪印象を与えてしまうことがあるので、目薬などのケアを意識して取り入れるようにしましょう。

姿勢がいい

猫背は美のオーラだけでなく、スタイル的にも健康的にもよくありません。見た目も悪いですし、続けていくと十分にオーラが回らずに卑屈に見えたりしてしまう恐れがあります。卑屈になっているなら、最近は不幸せと感じるのなら、ちょっと深呼吸して姿勢を正してみましょう。美のオーラのある人は姿勢や呼吸にも注意しているのです。

オーラのある人になるには

スーツの人

美しいオーラは毛穴がポイント

オーラを発する毛穴は、つまりがなく、きめが整っていてきゅっとしているのが重要です。がさがさ、角栓でぶつぶつざらざら、黒ずみや毛穴たるみがある場合はしっかりケアをしておきましょう。顔の掃除のポイントは、汚れ落としと保湿ケアです。洗いすぎると乾燥や肌荒れの元になるので、丁寧なクレンジング、朝は水洗顔と保湿などのケアを取り入れてみましょう。

オーラが濁っているなと思ったら掃除!

オーラが濁ってくると、何もかもが雑になっていることがあります。周囲が散らかり始めていないか、カバンの中や部屋、机の中をチェックしてみてください。乱雑になってきているようなら、掃除を始めるのがオススメです。美しさは立ち振る舞いや、周りの環境に影響されます。美オーラのある人はそれに注意を向けることができる人なのです。

キレイは綺麗をつくる

部屋や家、オフィスなど自分の過ごす環境をキレイにするのが、オーラのある人になる近道です。まずは自分の肌や髪、服などから始まり、次に環境を整えるようになります。人は無意識に自分にふさわしい環境を作り上げていきます。オーラのある人になれない理由は、自分が変わらないことや環境を整えないことが原因です。「他人が」ではなく、まずは自分の言動や見た目について自分の最良となるまで整えてみると良いでしょう。